キャリパー塗装/キャリパーペイントならキャリパーペイントジャパン
047-392-7165

キャリパーペイントとは? - キャリパー塗装,キャリパーペイント

Whats Calper Paint
-  キャリパーペイントとは?  -

CONCEPT

キャリパーペイントとは?

BRAKE性能は純正のままで十分だがアルミWHEELから覗くBRAKEキャリパーの味気なさに不満を抱く。

そこで思いつくのが「キャリパーペイント」ということ。

DIYで塗る事も可能ですが、意外とこれが難しい。

こだわりの下地作り脱着、洗浄からはじまり、サンドブラスト加工、表面加工処理、オリジナル施工

下地塗装、ロゴ入れ塗装、焼付を施し、耐久性UPと同時に、感動的な輝きを手に…

一台一台、職人により彩られる妥協無しのカラーリング。

チューニングショップデモカーやショー出展車両への施工実績はプロも認めるクォリティーの証。

CPJ HISTORY

    • 2003年
    • HIROAUTOJAPANコンテンツメニューの一つであるキャリパーペイント事業部を立ち上げる。
    • 2006年
    • SIS2006(スペシャルインポートカーSHOW)に出展 同年、国産をメインとしたイベントオートギャラリー2006にも出展 その後、メディアなどから沢山の取材や何誌もの雑誌に掲載させる。
    • 2007年
    • さまざまな経験とノウハウにより実績を伸ばし キャリパー事業は全国展開へと進出する。 全国に約30店舗の協力店を構えキャリパーペイントは 本格的に全国展開となる。 同年、CALIPER PAINT JAPAN(CPJ)に変更、始動。
    • 2008年
    • SIS2008(スペシャルインポートカーSHOW)に出展 その年キャリパーペイント施工台数1500台を記録。
    • 2009年
    • SIS2009(スペシャルインポートカーSHOW)に アメリカ鍛造製アルミWHEELメーカーとのコラボ出展
    • 2009年10月
    • 新生CALIPERPAINTJAPAN(CPJ)始動。 またCRAZYCOLORラインの~RAVES~(ROYAL ART VIBRANCY EVOLUTION STYLE) も加え一つのブランド化し更なる進化、クオリティの向上を目指す。
    • 2011年
    • 施工台数2000台を記録。 同年、更なるブランディングを図るためCPJ施工証明書を発行開始。
    • 2012年
    • オリジナルダストダウンブレーキパットD-DASHの販売開始。 同年、CPJ公式facebookオープン。
    • 2013年
    • ローター加工バリエーションを20種類に増やし更なるオプションメニューの拡大へ。 同年、CPJ YouTubeチャンネルを開設。
    • 2014年
    • 全国協力店52店舗に拡大。
    • 2015年
    • 施工台数3000台を記録。
    • 2016年
    • マシニング加工技術を追加し、ロゴなどのデータ彫りオプションメニュー拡大。